FC2ブログ

スニーカーの日記

世の中の旬な話題を追っていこうという日記です。

カルボナーラ

たまにはこってりしたものが欲しい時があるとよ。ネットで見てたら
カルボナーラちうのがあったとよ。

カルボナーラ(Carbonara)は、「炭焼のパスタ(炭焼職人風)」
といわれるパスタソースの一種であるとよ。炭焼が仕事の合間に
パスタば作ったら、手に付いた炭の粉が落ちてこぎゃん風になる
のやなかかちう感じの、黒コショウばからませた味わいの
あるパスタ。名前の由来に、カルボナリ(炭焼党 - イタリアの
秘密結社)との係わりば指摘する者もあるとよ。真偽は定かやなか。

典型的には、ベーコンとニンニクばバターで炒め、それに生
クリーム、チーズ、卵黄ば加えてソースとするとよ。えらくこってりと
したソースであるため、パスタには太くて平たいフェットゥッチーネ
(タリアテッレとも)が用いられることもあるとよ。パルミジャーノ・
レッジャーノや、塩漬けの豚肉であるパンチェッタ等ば用いると、
なお美味しい。

うちでは、生クリームば使うレシピがよく知られとるが、北イタ
リアでは入れんけん方が普通であるとよ。

元々はローマの料理で、ベーコンではなくグアンチャーレか
パンチェッタば使用し、チーズにはペコリーノ・ロマーノや
パルミジャーノ・レッジャーノ、パスタにはスパゲッティば使用し、
スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(Spaghetti alla carbonara)ちうとよ。
但し、卵ば多用するこんメニューがイタリアで広まったのは、第二
次世界大戦の後、アメリカ軍が進駐してきてからのことであるとよ。
戦災援助として卵が大量に配られるようになり、卵料理がイタリア
に浸透していったちうとよ。 (ウィキペディア)

近くにはあいにくレストランはなかんやけどぐには行けなか。
家内に作ってちうにはマッサージばしてあげなければならん。
手軽くこってりしたチャンポンば食べにいくことに決めたとよ。

スポンサーサイト



PageTop