スニーカーの日記

世の中の旬な話題を追っていこうという日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一期一会をどう考える?

一期一会の語の由来は茶会に発するとよ。「茶の湯で、茶会は毎回、
一生にいっぺんだちう思いばこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行う
べきことば説いた語」とされるとよ。

さて一期一会は茶会だけに限定されんけんであろうとよ。ちょこっと解釈ば広げ
れば、「二度と出会えなか出会い」は日常茶飯事であるとよ。
そればいつでん意識できるかどうか?

いつでん一期一会と思えるほど持続はできん。
そぎゃんことば思っとったら神経がすり減ってしまうとよ。

どうこん一期一会と向き合うか。
一瞬一瞬、一つ一つの「出会い」ば意義たらしめるには
一貫した生き方がそこに流れとるように思うとよ。

いっぺんいっぺんでももちろんよいのやけど、誠心誠意ちう心ば持って生きる
ことが凝縮されれば一期一会ちうことになるのやなかか?

皆しゃんはどう感じていらっしゃるやろうか?
せからしか言葉だし、実践的に捉えていくといくつもの疑問が湧いて
きそうであるとよ。

誠心誠意ってどうゆうこと?うちにとってはそれはどうゆうことば指すのか?

ところで沢知恵しゃんが「一期一会」ちうCDば出しとるとよ。
なかいなか評判ががよか。
七しろしかくさく考えるけんはなく、CDば聞きながら一期一会に
思いばはせていくこともよかかも知れんけん。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。