スニーカーの日記

世の中の旬な話題を追っていこうという日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SF大作の「トランスフォーマー」

話題のSF大作「トランスフォーマー」はうちでは8月4日(土)より
日劇1ほか全国で公開されるとよ。YAHOOニュースば読むだけで興奮
してくるとよ。

スティーブン・スピルバーグ製作、マイケル・ベイ監督による夏
休みの話題作といえば「トランスフォーマー」。地球を舞台に、
善と悪のロボットが戦いを繰り広げる超大作だが、これまで公開
された予告編では徹底してロボットの全体像を見せない演出で、
その全貌は明らかにされていなかった。しかしこのほどeiga.comは、
謎に包まれている同作のロボットが映った画像を独占入手すること
に成功した。

 画像は、シア・ラブーフ演じるサムが、悪のロボット種族ディセ
プティコンズ(日本名:デストロン)の“バリケード”に追い詰め
られているシーンのもので、この後どう展開するかが非常に気に
なるところ。“バリケード”の腕の文字から分かるように、彼の
変形(トランスフォーム)前の姿はパトカー。パトカーが悪の
ロボットに変形するという設定は、何とも皮肉が効いている。

 このロボットたちのVFXは、ILMを中心にデジタル・ドメインなど
 数社が担当。ロボットたちの変形シーンは、ベイ監督のワン
カットで見せたいという要望に応え、細部までリアルに作り込ま
れているという。3月下旬、日本で一部の関係者向けに披露された
「トランスフォーマー」のフッテージには、軍用ヘリコプターMH-
53からロボットに変形する姿などが含まれていたが、ファンならず
ともそのVFXには興奮必至だ。

 「トランスフォーマー」は全米で7月4日、日本では8月4日公開。

トラックやらなんやらの金属体が巨大なロボットに変身していくが、そん
リアリティ性は見事なもけんあるちうとよ。驚く事なかれ、そんCG
担当者が実ははうち人ちうことに!

もうちょっとわかるごとはこい

世界で最先端の映像工房ILMのすごい内部に潜入!
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。